【上海モーターショー11】日産 ティーダ 詳細画像…グローバルハッチバック

日産は世界戦略車となる『ティーダ』の新型を発表した。2010年までに165か国、8万5000台を販売した日産の最多販売車種であるティーダは、拡大し続ける中国市場においても重要なモデルとして位置づけられる。

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
  • 日産 ティーダ(上海モーターショー11)
日産は世界戦略車となる『ティーダ』の新型を発表した。2010年までに165か国、8万5000台を販売した日産の最多販売車種であるティーダは、拡大し続ける中国市場においても重要なモデルとして位置づけられる。

新型のエクステリアは、「Fruid&Brisk」をキーワードに“流れ”を感じさせる高級感あるデザインとした。ホイールベースを100mm延長し、先代の特徴だった広い室内空間をさらに進化させた。また、フロントウィンドウの上下左右幅を拡大するなど、視認性を大幅に向上させた。

インテリアは「Calm&Refined」をキーワードに、快適性の高い空間をめざした。シートは走行中の振動や揺れを感じにくい仕様とし、ワンランク上の乗り心地を実現したという。

中国東風日産の広州花都工場で生産され、2011年5月末より販売を開始する。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集