【バンコクモーターショー11】シュコダ スペルブ 詳細画像…イメージ戦略がカギ

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
  • シュコダ・スペルブ(バンコクモーターショー11)
バンコクモーターショーでシュコダは、タイで認知度が高い自動車メーカー各社の大型ブースから少し離れた位置にブースを構えていた。

欧州の老舗自動車メーカーであるシュコダがメインに据えたのは『スペルブ』。フォロクスワーゲン『パサート』をベースにしたシュコダのフラッグシップ車両だ。

ただこのスペルブも、タイでは一輸入車に過ぎない。アジアの新興自動車メーカーが勢いを増す中で、欧州の老舗メーカーであってもタイ市場でのイメージ戦略が生き残りを左右するカギとなる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集