【ホンダ フィットシャトル 先行発表】ダウンサイズユーザー

自動車 ニューモデル 新型車
フィットシャトル
  • フィットシャトル
  • フィットシャトル
  • フィットシャトル
  • フィットシャトル
  • フィットシャトル
  • フィットシャトル
ホンダから『フィット』の新たな兄弟車、『フィットシャトル』が発売予定だ。

インテリアデザインを担当した、本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロック1スタジオの上本勝彦さんは、「基本はフィットのインパネをベースにしているものの、ダッシュパネルに関してはシボを加え新作。同時にエッジとメッキを入れてよりシャープに見えるようにしているのです」という。

また、「メーターもフィットはシルバーの塗装だが、艶消しの黒にして、リングを付けています」といい、その理由は、「メッキのリングを目立たせ、より上質な方向に見えるようにしているのです」という。

つまり、フィットシャトルのターゲットはミニバンからのダウンサイズユーザーであることから、安っぽさを感じさせないようにしているのだ。上本さんは、「そういったユーザーにもプライドを持って乗ってもらいたいので、こういう上質な表現をしたいと思ったのです」。

また、ダウンサイズユーザーの年齢層を考え、メーターの照明や文字にも気を配っている。「フィットはアンバーの照明でベースがシルバーでガンメタのヘアライン仕上げですが、フィットシャトルはベースをマットな黒、照明をクリーンなホワイトにしてよりはっきり見えるようにしました」。

また、フィットではインテリアにシルバーの塗装を与えているところを、フィットシャトルでは黒にすることで、より落ち着いた感じにしているという。「フィットは若者よりにデザインしていますが、フィットシャトルは、メインターゲットユーザーである少し高めの年齢層にも受け入れてもらえるよう、仕立て良くということでデザインは進めました」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • ロズベルグとシューマッハ、最速の救急ドライバーは?[動画] 画像 ロズベルグとシューマッハ、最速の救急ドライバーは?[動画]
  • 【日産 リーフ 試乗】EVらしさを感じさせるグラフィック---インテリア 画像 【日産 リーフ 試乗】EVらしさを感じさせるグラフィック---インテリア
  • 【ジープ グランドチェロキー 日本発表】日本からの声も採用したインテリア 画像 【ジープ グランドチェロキー 日本発表】日本からの声も採用したインテリア
  • メルセデスベンツ S63 AMG に新エンジン…ダウンサイズで性能向上 画像 メルセデスベンツ S63 AMG に新エンジン…ダウンサイズで性能向上

特集