マツダ アクセラ、SKYACTIV初搭載…北米で改良

自動車 ニューモデル 新型車
3(日本名:アクセラ)
  • 3(日本名:アクセラ)
  • 3(日本名:アクセラ)
  • 3(日本名:アクセラ)
  • 3(日本名:アクセラ)
  • 3(日本名:アクセラ)
  • SKYACTIV-G
北米マツダは17日、2012年モデルの『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)をカナダ国際オートショー(モーターショー)で初公開した。

2012年モデルのアクセラは、マツダの「SKYACTIV」技術をエンジンやトランスミッションに初めて導入。環境性能を引き上げたのが特徴だ。

マツダは排気量や出力などの詳細を公表していないが、この新エンジンは「SKYACTIV-G」と呼ばれる直列4気筒直噴ガソリン。新型オートマチックトランスミッションは、小型軽量設計とした。この両者の組み合わせにより、燃費やCO2排出量を大きく改善しているという。

また、2012年モデルのアクセラは、フェイスリフトを実施。新デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプ、アルミホイールで、イメージチェンジを図った。

2012年モデルのアクセラは、北米では今秋リリース。マツダはアクセラに続いて、SKYACTIVを拡大展開していく計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • SKYACTIVの挑戦---マツダが見る青空 画像 SKYACTIVの挑戦---マツダが見る青空
  • 【マツダ SKYACTIV 試乗】市販モデルを大いに期待…松下宏 画像 【マツダ SKYACTIV 試乗】市販モデルを大いに期待…松下宏
  • [マツダSKYACTIV]電動アシスト無しで30km/リットル…デミオ 新型 画像 [マツダSKYACTIV]電動アシスト無しで30km/リットル…デミオ 新型
  • [マツダSKYACTIV]燃費20%改善のディーゼルは2012年 画像 [マツダSKYACTIV]燃費20%改善のディーゼルは2012年

特集

おすすめのニュース