【ジュネーブモーターショー11】レンジローバー に究極の豪華仕様…iPadが標準装備

自動車 ニューモデル モーターショー
レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
  • レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
  • レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
  • レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
  • レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
  • レンジローバー  オートバイオグラフィ・アルティメットエディション
ランドローバーは3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、レンジローバーの特別モデル、『オートバイオグラフィー・アルティメットエディション』を出品すると発表した。

同車はレンジローバー40年の歴史において、最もラグジュアリーなモデルをコンセプトに開発。「ファーストクラス」を標榜する、贅を極めたインテリアがハイライトだ。

後席はベンチシートから、独立2名がけに変更。大型のセンターコンソールには、冷蔵庫やノートパソコン用テーブルが組み込まれた。また、ヘッドレストモニターとして、アップル社の『iPad』が標準装備されている。

また、セミアニリンレザーシートと、オックスフォードレザーのドアトリム&ダッシュボード、カラハリと呼ぶウッドの組み合わせが、ラグジュアリーな空間を演出。荷物スペースはスーパーヨットをモチーフに、ウッドとアルミで仕上げられた。

エクステリアは、ダーク塗装の専用グリルが識別点。足元は専用デザインの20インチアルミで引き締める。エンジンは、ガソリンが5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャー(最大出力510ps、最大トルク63.7kgm)、ディーゼルが4.4リットルV型8気筒ターボ(最大出力313ps、最大トルク71.4kgm)だ。

オートバイオグラフィー・アルティメットエディションは、限定500台を生産。史上、最もラグジュアリーなレンジローバーであるのは間違いない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集