ドイツ御三家の世界販売、BMWがリード…1-11月実績

自動車 ビジネス 海外マーケット

5シリーズセダン
  • 5シリーズセダン
  • X1
  • Eクラスセダン
  • A8L
BMW、メルセデスベンツ、アウディ。日本でも人気の「ドイツプレミアム御三家」の世界販売競争が、熱を帯びてきた。

『ブルームバーグ』が9日に報じたところによると、11月の3ブランドの世界販売は、BMW(MINIとロールスロイスを含む)が12万9014台、メルセデスベンツ(スマートを含む)が11万2300台、アウディが8万7050台と、BMWがトップに立った。

また今年1〜11月実績では、BMWが前年同期比15%増の111万台、メルセデスベンツが16%増の106万台、アウディが15%増の100万3900台。BMWが頭ひとつリードしている。

BMWは、新型『5シリーズセダン』や『X1』が世界販売を牽引。市場別では、中国や米国での販売が好調だ。「BMWは新型車の販売が総じて好調。2011年は新型『6シリーズ』や『1シリーズ』もスタンバイしている」と同メディアは指摘する。

しかし、アウディも2015年までにBMWの販売台数を抜き、世界ナンバーワンのプレミアムブランドになるという目標を掲げ、積極的な新型車攻勢をかけている。今後の3ブランドの販売動向が注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集