トヨタと日野の燃料電池ハイブリッドバス、羽田空港と都心を結ぶ

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ自動車と日野自動車は、東京空港交通が12月16日から実施する東京都心から羽田空港間を結ぶ燃料電池ハイブリッドバスの営業運行に車両を提供する。

燃料電池ハイブリッドバス車両の提供は、経済産業省による水素利用社会システム構築実証事業のひとつである「水素ハイウェイプロジェクト」の事業者となった水素供給・利用技術研究組合からの要請に応えたもの。

具体的には、トヨタと日野が、燃料電池ハイブリッドバス『FCHV-BUS』をリムジンバス仕様に改造し、同研究組合に貸与、これを東京空港交通が運行する。

東京空港交通は、この燃料電池ハイブリッドバスを使って営業路線である新宿駅西口~羽田空港間と東京シティエアターミナル~羽田空港間で12月16日からそれぞれ1日1往復、一般の乗客を乗せて高速道路経由で営業運行する。

トヨタと日野は、燃料電池ハイブリッドバスの営業運転のデータを取得・検証し、実用化に向けた材料として活用する。

燃料電池ハイブリッドバスの水素の充填は、12月15日から稼動する東京の杉並水素ステーション、羽田水素ステーションの2か所を利用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集