【デトロイトモーターショー11】クライスラー 300C 新型…ヘッドライトはアウディ風

自動車 ニューモデル モーターショー

クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
  • クライスラー300C新型
クライスラーグループは19日、新型『300』(日本名:『300C』)の特設サイトを立ち上げ、新型の写真を一部公開した。

現行300は、2004年にデビュー。1950年代のマッスルセダンを彷彿させる迫力のスタイルや、V型8気筒「HEMI」エンジンが生み出す力強い走りが人気を集めている。日本では、300Cとして販売中だ。

その後継モデルが、2011年1月のデトロイトモーターショーで発表される。クライスラーは今回、新型の写真を「チラ見せ」。アウディを思わせるLEDを散りばめたヘッドライトや、メッキを強調した横基調グリルなど、新型の特徴が確認できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集