フィアット 500 に「ブラックジャック」…新型2気筒搭載

自動車 ニューモデル 新型車
500 ブラックジャック
  • 500 ブラックジャック
  • 500 ブラックジャック
  • 500 ブラックジャック
  • 2気筒ツインエアエンジン
フィアットは20日、欧州向けの『500』に「ブラックジャック」を設定した。マットブラック塗装を施した精悍な外観と、新型2気筒エンジン「ツインエア」を搭載するのが特徴だ。

ツインエアは875ccターボで、85ps/5500rpmの最大出力と、14.6kgm/1900rpmの最大トルクを引き出し、0-100km/h加速は11秒、最高速は173km/hと、1.4リットル直列4気筒エンジンと同等だ。

また、アイドリングストップを組み込み、CO2排出量は92~95g/km、欧州複合モード燃費は24.4~25km/リットルと、環境性能も高い。フィアットによると、1.4リットル比で、最大30%の燃費改善を実現しているという。

このツインエアを積むフィアット500のブラックジャックは、精悍なマットブラック塗装を採用。ドアミラーやドアハンドルには、グロスブラック加工が施される。足元は専用16インチアルミホイールと赤いブレーキキャリパーで引き締められた。

フィアット500ブラックジャックは、9月から欧州主要国で販売開始。イタリア本国価格は、1万8350ユーロ(約206万円)からと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • フィアット500に「ゲイ仕様」 画像 フィアット500に「ゲイ仕様」
  • MINI 特別仕様、クローム&ブラックでスタイリッシュ 画像 MINI 特別仕様、クローム&ブラックでスタイリッシュ
  • 日産、低燃費スーパーチャージャーエンジンを2011年欧州投入 画像 日産、低燃費スーパーチャージャーエンジンを2011年欧州投入

特集