ドイツ3大メーカー、BMWが販売第1位…2010年上半期実績

自動車 ビジネス 企業動向
5シリーズ
  • 5シリーズ
  • Eクラス
  • 各車
メルセデスベンツ、BMW、アウディ。ドイツ3大プレミアムブランドの今年上半期(1~6月)世界販売台数は、BMWが58万5755台で、トップに立った。

これは、各社が発表した上半期実績を比較したもの。各社の集計によると、上半期世界セールスは、BMWが58万5755台で第1位。第2位はメルセデスベンツで55万6700台、第3位はアウディで55万4950台だった。2位のメルセデスと3位のアウディの差は、わずか1750台だ。

また、対前年同期比で見ると、最も伸びたのはアウディで、前年同期比は19.1%増。以下、メルセデスベンツが15.2%増、BMWが14.1%増と、販売ランキングとは逆の結果となった。

今年下半期、BMWは新型『5シリーズセダン』の販売が本格化し、アウディは得意の中国市場で攻勢をかける。メルセデスベンツは新型『Eクラスセダン』が、引き続き売れそうだ。果たして2010年通年で、販売競争を制するのは、どのブランドになるだろうか。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMWグループ世界販売、13.1%増…2010年上半期実績 画像 BMWグループ世界販売、13.1%増…2010年上半期実績
  • メルセデスベンツ世界販売、10.6%増…6月実績 画像 メルセデスベンツ世界販売、10.6%増…6月実績
  • アウディ世界販売8.7%増、中国が初の2万台超…6月実績 画像 アウディ世界販売8.7%増、中国が初の2万台超…6月実績

特集