【北京モーターショー10】BYD、エコカー3台を展示

自動車 ニューモデル モーターショー
BYDブース
  • BYDブース
  • BYDブース
  • BYDブース
  • BYDブース
  • BYDブース
世界最大規模の自動車マーケットとなった中国市場の将来を占うショーとして注目を集めている北京モーターショー。地場資本の大手自動車メーカーで、リチウムイオン電池の世界大手としても知られるBYDオートは、次世代エコカーのコンセプトカーとしてプラグインハイブリッドカー『F3DM』、純電気自動車『e6』、大型EVバス『K9』を出品した。

次世代車の目玉はエンジンを持たず、バッテリーに蓄えた電力のみで走る純EVミニバン『e6』。BYDが得意とするオリビン酸リチウムイオン電池を使い、航続距離は300km以上。電力消費率は100kmあたり21.5kWhとされていることから、日産のEV『リーフ』(24kWh)の3倍以上のバッテリーを搭載している計算になる。急速充電耐性が高いというオリビン酸鉄リチウムイオン電池の特性を生かし、スペックシート上は15分で80%充電可能となっている。

e6のターゲットのひとつは、タクシー需要であるとみられる。ブースには赤白に塗られたEVタクシーも展示されていた。北京をはじめ、中国の大都市はおしなべて大気汚染がひどく、その解消が急務となっている。中国共産党がEV重視の政策を推進しているのは、脱石油のトップランナーとなることと大気汚染解消の一挙両得を狙ってのことだ。BYD以外のブースでもEVタクシーのコンセプトが散見されたことからも、すでに党から自動車メーカーに公共交通機関のEV化の要請があった可能性がある。

開発が間に合わなかったためか、ブースに置かれていた急速充電器が実はハリボテという“お笑い”もあったが、BYDの電気エネルギー技術に関する開発意欲は思った以上に高く、将来に期待したくなるところだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 【北京モーターショー10】ヒュンダイ ヴェルナ…格安車にもエコロジー性能を 画像 【北京モーターショー10】ヒュンダイ ヴェルナ…格安車にもエコロジー性能を
  • 【北京モーターショー10】吉利からロンドンタクシーの後継車 画像 【北京モーターショー10】吉利からロンドンタクシーの後継車
  • 【光岡 雷駆 発表】光岡会長「観光地のレンタカー&タクシー向き」 画像 【光岡 雷駆 発表】光岡会長「観光地のレンタカー&タクシー向き」

特集