【光岡 雷駆 発表】EV市場に再挑戦

エコカー EV
雷駆(ライク)
  • 雷駆(ライク)
  • 雷駆(ライク)
  • 雷駆(ライク)
  • 雷駆(ライク)
  • 雷駆(ライク)
光岡自動車は4月22日、三菱『i-MiEV(アイ・ミーブ)』をベースとしたEV、『雷駆(ライク)』を発表し、予約受付を5月下旬より始める予定とアナウンスした。

雷駆はi-MiEVの基本車体をベースにしつつ、クロームメッキを施した前後バンパー、存在感のあるフロントグリルなどを採用するとともに、全長を3570mmに延長し、軽自動車ではなく小型乗用車登録とした点が最大の特徴となる。

室内もそれに合わせ、リアシートやリアドアトリム形状を変更することで、乗車定員をi-MiEVの4名から5名に増やしている。ボディカラーは5色を用意している。

価格はi-MiEVより30万円高い428万円。2010年度は1台あたり114万円の補助金が政府から交付される予定なので、支払い金額は314万円になるという。販売方法はメインテナンスリースが基本で、補助金申請などの煩雑な手続きもリース会社が担当する。

雷駆はセールスやアフターサービスの分野でも新機軸を打ち出している。販売店舗は光岡自動車のほか、法人向け販売窓口として総合商社の兼松、電池開発会社のユアサM&B両社が担当する体制を取っており、納車以降のサービスはユーザーの最寄の三菱ディーラーが行うことになっている。

光岡は11年前、原付規格のミニカー「MC-1EV」でEVの世界に参入したという経験がある。同車の生産終了後も研究開発は継続して行ってきており、EV環境が少しずつ整備されてきている中、再挑戦という決断を下したようだ。
《森口将之》

編集部おすすめのニュース

  • 【北京モーターショー10】光岡が初出展、将来は中国生産も 画像 【北京モーターショー10】光岡が初出展、将来は中国生産も
  • HV・EV世界市場、2020年に1800万台へ成長…富士経済 画像 HV・EV世界市場、2020年に1800万台へ成長…富士経済
  • JAF史上初、公認競技に「EVチャンピオンシップ」誕生 画像 JAF史上初、公認競技に「EVチャンピオンシップ」誕生
  • ホンダ EV-neo 試乗…あらゆる場面で低重心を実感 画像 ホンダ EV-neo 試乗…あらゆる場面で低重心を実感

特集