【スバル ルクラ 登場】ベースモデルとの差異

自動車 ニューモデル 新型車
ルクラL
  • ルクラL
  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
  • アジャスタブルショルダーベルトアンカー
20日に発表されたスバルの新型軽自動車『ルクラ』『プレオ』は、ダイハツ『ミラ』『タントエグゼ』ベースのOEMモデルだが、フロントグリルやステアリングに付く“六連星オーナメント”以外の違いについて同社商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー・大崎篤氏は、こう話した。

「大きな違いは、ダイハツの『アジャスタブルパック』と呼ばれる一部オプションを、スバルは全グレード準装備としたこと。スバル側でいうチルトステアリング、運転席シートリフター、フロントシートベルト・ショルダーアジャスターの3点が標準で装備されるところが売りのひとつ」

ダイハツ車には「設定なし」のグレードもあり、スバル車のセールスポイントのひとつとなりそうな差別点だが、大崎氏は「もともとスバルとしては、こうした装備は快適装備として当たり前として標準で装備すると認識していて、差別化というわけではない」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • EVで最も長い走行距離555.6km、ギネス認定 画像 EVで最も長い走行距離555.6km、ギネス認定
  • 【Eクラスカブリオレ 日本発表】アコースティックソフトトップを採用 画像 【Eクラスカブリオレ 日本発表】アコースティックソフトトップを採用
  • 【BMW X1 日本発表】400万円を切るコンパクトSUV 画像 【BMW X1 日本発表】400万円を切るコンパクトSUV

特集