リチウムエナジー、i-MiEV 5万台分のリチウム電池工場を新設

自動車 ビジネス 企業動向
栗東工場では i-MiEV 5万台分のリチウム電池を生産、2012年には3工場で合計6万7800台分を生産する計画
  • 栗東工場では i-MiEV 5万台分のリチウム電池を生産、2012年には3工場で合計6万7800台分を生産する計画
  • 栗東工場完成予想図
  • 三菱i-MiEVに搭載される電池モジュール
三菱自動車とGSユアサ、三菱商事が出資するリチウムエナジー・ジャパンは14日、滋賀県栗東市内に新工場建設を決定したと発表した。新工場は2012年度初頭から稼働を開始し、電気自動車『i-MiEV』5万台分に当たる電気自動車用リチウムイオン電池を年産440万セル製造する。設備投資額は総額375億円。

リチウムエナジー・ジャパンは、滋賀県草津市にある草津工場で昨年6月から1号ラインで量産出荷を開始しており、年産20万セル、i-MiEV2300台分のリチウムイオン電池を生産している。これに加えて4月から同工場への第二期設備投資が完了し、2号量産ラインで6月から年産40万セル、車両4500台分の増産出荷を開始する。

草津工場の生産量は年産60万セル、車両6800台分となるほか、GSユアサ京都工場でも増産ラインの設備投資に着手しており、12月から年産100万セル、車両1万1000台分の生産能力を持つ。

栗東工場は2012年度下期にはフル稼働する予定で、草津、京都、栗東の3工場を合計した生産能力は年産600万セル、車両6万7800台分を確保する。

同社は長期的に国内10万台相当のリチウムイオン電池の供給体制を目指す、としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダの電動バイク EV-neo、電池は東芝製 画像 ホンダの電動バイク EV-neo、電池は東芝製
  • 【日産 リーフ 予約開始】バッテリーは第三者販売も視野に 画像 【日産 リーフ 予約開始】バッテリーは第三者販売も視野に
  • 【井元康一郎のビフォーアフター】市販を前に激化、EVの低価格競争 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】市販を前に激化、EVの低価格競争
  • 三菱 アウトランダーPHEV、EVモードの航続を9%拡大…2021年型を米国発表 画像 三菱 アウトランダーPHEV、EVモードの航続を9%拡大…2021年型を米国発表

特集

おすすめのニュース