【ベントレー ミュルザンヌ 日本発表】アンテナは邪魔、でどうしたか

自動車 ニューモデル 新型車
ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌ
  • ミュルザンヌのデザイナー、ペイジ氏
3月16日に日本デビューを果たしたベントレー『ミュルザンヌ』。都内で行われた発表会にはベントレー本社デザイン部門のロビン・ペイジ氏が登場し、ミュルザンヌのデザインを説明した。

ペイジ氏はインテリア担当のチーフデザイナーだが、「大小のヘッドランプを組み合わせたフロントのデザインは、1957年の『S1コンチネンタル』をヒントにした」と、エクステリアについても解説。「新しいベントレーをデザインするときはいつも、過去のベントレーのさまざまなディテール写真を収録した“ヘリテージブック”を見返す」のだという。

アルミ製のフロントフェンダーは「シャープエッジを出すために、“スーパーフォーミング”という手法で成形している」。スーパーフォーミングとは加熱して柔らかくしたアルミ板を型に乗せ、真空で引くというもの。樹脂でよくある真空成形をアルミに応用した技術だ。

なるほどフロントコーナーからフェンダーの肩口へつながるラインは非常にシャープ。同じシャープさがリヤフェンダー(鉄板)まで続くが、リヤフェンダーはCピラーの根元あたりでパネルをつないでいるため(もちろん継ぎ目は完璧に仕上げてある)、通常のプレスで成形できるのだという。

そう聞いてあらためてフロントを見れば、フェンダーの稜線が盛り上がり、しかもボンネットの開口線までの奥行きも深いので、とてもプレスでは作れない形状だと気づく。新技術で成形するからこそ実現したデザインなのだ。

ドアやキャビンも鉄板だが、トランクは樹脂製。これは樹脂の成形自由度を狙ったのではなく、「金属では電波を通さないから」とのこと。アンテナをトランクリッドの内側に設置することで、外観からアンテナを排除した。高級車はフィン形状のアンテナを採用する例が多いが、完璧を求めるベントレーのデザイナーにとってはそれも邪魔な要素でしかないというわけである。
《千葉匠》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車デザイン専門誌『CAR STYLING』休刊 画像 自動車デザイン専門誌『CAR STYLING』休刊
  • 【BMW 5シリーズ 発表】デザイン秘話…時間ではなく手間をかける 画像 【BMW 5シリーズ 発表】デザイン秘話…時間ではなく手間をかける
  • 【三菱 RVR 試乗】ジェットファイターグリル採用の意味…千葉匠 画像 【三菱 RVR 試乗】ジェットファイターグリル採用の意味…千葉匠

特集