【ニューヨークモーターショー10】サイオン tC 新型、トヨタの若者向けクーペ

自動車 ニューモデル モーターショー
サイオン tC
  • サイオン tC
  • サイオン tC
  • サイオン tC
  • サイオン tC
  • サイオン tC のカスタマイズモデルも出展された
  • サイオン tC のカスタマイズモデルも出展された
  • サイオン tC
  • サイオン tC
米国トヨタ販売は3月31日、ニューヨークモーターショーにおいて、新型サイオン『tC』を発表した。新開発2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン(180ps)を搭載。初代モデルよりも、スポーティなキャラクターが強調された。

サイオンtCは、トヨタが米国で展開する若者向けブランド、サイオンの入門クーペ。サイオンは『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』)、『xD』(日本名:トヨタ『イスト』)が主力車種だが、生産を終了した『セリカ』の顧客の受け皿となる北米専用クーペとして、2004年にtCを発売。2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジン(161ps)を搭載する。

2代目サイオンtCは、初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。その代表例が、ヘルメットにヒントを得たキャビン形状だ。これは2006年のニューヨークモーターショーで披露されたコンセプトカー、『FUSE』からの応用。独特のウィンドウグラフィックスが、個性を放つ。ボディサイズは全長4420×全幅1796×全高1415mm、ホイールベース2700mmだ。

エンジンは、新開発2.5リットル直列4気筒ガソリン「デュアルVVT-i」を搭載。新インテークマニホールドやスポーツエグゾーストが採用され、最大出力180ps、最大トルク23.9kgmを生み出す。旧2.4リットルよりも19ps、1.5kgmパワーアップしながら、燃費や排出ガス性能も改善。トランスミッションは、6速MTと6速ATが新設計された。駆動方式は、従来どおりFFだ。

プラットホームも新開発。サスペンションは、前マクファーソンストラット、後ろダブルウイッシュボーン。車高は初代よりもローダウンされ、18インチアルミホイールの効果も手伝って、アグレッシブさを増した。ブレーキは16インチ。新開発EPS(電動パワーステアリング)は、優れた操舵性を実現する。

室内はドライバー重視の設計で、フラットボトムの新ステアリングホイールやフロントスポーツシートを装備。インパネやセンターコンソールは、Vシェイプとして、操作性をアップした。後席は60対40の分割可倒式。サンルーフを標準装備する。安全面では、8エアバッグやVSC、トラクションコントロールが標準だ。

新型サイオンtCは、2011年モデルとして、今秋から米国市場へ投入。サイオン部門のジャック・ホリス副社長は、「新型は優れたドライビングダイナミクスや経済性を、若い顧客に提供する」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ニューヨークモーターショー10】インフィニティのフルサイズSUV、QX56…2代目に進化 画像 【ニューヨークモーターショー10】インフィニティのフルサイズSUV、QX56…2代目に進化
  • 【ジュネーブモーターショー10】トヨタ、FT-86コンセプトを欧州で公開 画像 【ジュネーブモーターショー10】トヨタ、FT-86コンセプトを欧州で公開
  • 豊田社長「トヨタは顧客に恵まれている」…グローバル品質特別委員会 画像 豊田社長「トヨタは顧客に恵まれている」…グローバル品質特別委員会
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース