メルセデスベンツ SLS AMG にレース専用のGT3登場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
  • SLS AMG GT3
メルセデスベンツの高性能車開発部門、AMGは23日、メキシコにおいて、『SLS AMG』のレースバージョン、「SLS AMG GT3」を公開した。ホモロゲーション取得後、2011年シーズンにデビューを飾る。

SLSAMG GT3は、FIA(国際自動車連盟)のGT3レギュレーションを満たすレーシングカー。その開発には、DTM(ドイツツーリングカー選手権)で、メルセデスベンツチームをサポートするHWA社が参画した。HWA社は、DTMとITC(国際ツーリングカー選手権)で9回、FIAGT選手権で2回、勝利しているモータースポーツのエキスパートだ。

外観は、エアロダイナミクス性能の向上に重点を置く。新デザインのフロントバンパー、中央のエアインテークが特徴のボンネット、前後のワイドフェンダー、ディフューザー、角度調整式大型リアウィングを採用。サイドホイールアーチにはエアヴェント、サイドスカートにはリアブレーキ用のクーリングダクトが追加された。AMGによると、ドラッグを抑え、ダウンフォースを高めることに成功しているという。リアピラーに燃料給油口が移動しているのも、市販車との違いだ。もちろん、軽量化も徹底される。

ドライサンプオイル潤滑システムを採用するM159型6208cc・V型8気筒エンジンは、市販モデルと共通。市販版は最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmだ。GT3の最終スペックは確定していないが、600psオーバーまで出力は高められると予想されている。

トランスミッションは、パドルシフト付きの6速シーケンシャル。マルチディスクロッキングディファレンシャルで強化される。エンジンをフロント、トランスミッションをリアに置くトランスアクスルレイアウトは、市販モデルから継承。エンジンとトランスミッションが、カーボンファイバー製シャフトを使ったトルクチューブで結ばれるのも、市販のSLS AMGと同様だ。

ダブルウイッシュボーン方式のサスペンションは、減衰力、車高、スタビライザー、キャンバー角などを、サーキットの特性に合わせて、細かく設定可能。ラック&ピニオン式のステアリングは、ダイレクトレシオ化。さらに、車速感応タイプとして、正確なハンドリングを追求した。コンポジットスチール製ブレーキとレーシングABSも装備される。

室内は、スチール製ロールケージ、レーシングバケットシート、6点式シートベルト、オープントップ型レーシングステアリングホイールと、スパルタンな空間。頭と首を保護するHANSシステムも導入された。センターディスプレイには、速度、エンジン回転数、ラップタイム、ギアなどの情報を表示。センターコンソールには、エンジンスターター、トラクションコントロール、リバースギア、消火システム、ブレーキバランスなどの各種スイッチが配される。

SLSAMG GT3は、FIAのホモロゲーション取得後、2011年シーズンのモータースポーツへ実戦投入。競技関係者への販売開始は、今秋以降を予定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S アワードエディション 画像 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S アワードエディション
  • 日産 スカイラインクロスオーバー、SUPER GTのレスキュー車として提供 画像 日産 スカイラインクロスオーバー、SUPER GTのレスキュー車として提供
  • 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】VW ポロ GTI 画像 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】VW ポロ GTI
  • 【リコール】メルセデス C200 CGI など4万3000台、タカタ製エアバッグ不具合で 画像 【リコール】メルセデス C200 CGI など4万3000台、タカタ製エアバッグ不具合で

特集

おすすめのニュース