【ジュネーブモーターショー10】トヨタオーリスにハイブリッド…システムはプリウスと共通

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
  • トヨタ オーリスHSD
欧州トヨタは1日、ジュネーブモーターショーでの正式発表に先駆けて、『オーリス』のハイブリッド仕様、『オーリスHSD』のスペックを公表した。『プリウス』と共通のハイブリッドシステムを搭載する。

トヨタは2009年9月、フランクフルトモーターショーに、『オーリスHSDコンセプト』を出品。2010年の半ばに発売するオーリスのハイブリッド車を示唆したコンセプトカーだった。HSDとは、「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」の略である。

2010年のジュネーブには、その市販バージョン、オーリスHSDが登場。車両の組み立ては『アベンシス』と同じ、TMUK(トヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK)の英国ダービーシャー州バーナストン工場で実施。欧州トヨタにとって、初の現地生産ハイブリッド車となる。

欧州トヨタは1日、オーリスHSDのスペックを公表。エンジンやモーター、バッテリーなど、ハイブリッドシステムは『プリウス』と共通だ。1.8リットル直列4気筒VVT-iガソリンエンジンは、最大出力97ps/5200rpm、最大トルク14.5kgm/4000rpmを発生。モーターは82ps、21.1kgmを引き出し、トータル出力134psを獲得する。トランスミッションはE‐CVTだ。

2次電池はニッケル水素バッテリー。オーリスHSDは、最大2kmを最高速50km/hでゼロエミッション走行できる。欧州複合モード燃費は26.3km/リットル、CO2排出量は89g/kmと、クラストップレベルにある。

また、オーリスHSDは燃費向上のために、車高を5mm低めてエアロダイナミクス性能を追求。低転がり抵抗タイヤ、専用アルミホイール、大型リアスポイラー、専用グリルも装備した。空気抵抗係数を示すCd値は、0.290から0.283へ改善している。

オーリスHSDは今年7月、欧州各国へ投入。オーリスは、トヨタの欧州Cセグメントの主力車種だけに、ハイブリッド設定を機に、さらなる拡販を目指す構えだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース