【ジュネーブモーターショー10】EDAGのEVコンセプトが発展

自動車 ニューモデル モーターショー
EDAG ライトカー - オープンソース
  • EDAG ライトカー - オープンソース
  • EDAG ライトカー - オープンソース
  • EDAG ライトカー - オープンソース
  • EDAG ライトカー - オープンソース
ドイツのEDAGグループは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで、EVコンセプトカー『ライトカー-オープンソース』の発展版を出品すると発表した。

EDAGグループは1969年、ドイツに設立。世界21か国で、自動車関係のエンジニアリングサービスを提供する企業だ。ライトカー-オープンソースは、2009年のジュネーブモーターショーで初公開。4輪に独立したインホイールモーターを内蔵し、リチウムイオンバッテリーからの電力によって4輪を駆動。最大航続距離150kmを想定したEVコンセプトカーである。

インホイールモーターは、パワーの伝達ロスを低減するとともに、モーターやトランスミッションを置く場所を考慮する必要がない。だから、車のデザインの自由度を高めるとともに、高効率なパッケージングを可能にする。

ライトカー-オープンソースは、全長4000mm、全幅1700mmの5ドアハッチバックスタイル。コンパクトなボディサイズでありながら、ホイールベースは2900mmと大型サルーンに匹敵する長さだ。これにより、大人5名がくつろげる室内空間を実現した。

LEDテクノロジーをふんだんに導入しているのも特徴。LEDはヘッドライトやテールランプだけでなく、ボディパネルにも使用。とくにリアゲート全面がパソコンのモニターに見立てられており、後続車に対して、ブレーキの強さをレベルで表示したり、前方の渋滞を知らせることができる。

2010年のジュネーブでは、ライトカー - オープンソースの発展形を披露。軽量なスペースフレーム構造を採用し、重いリチウムイオンバッテリーを搭載した状態で、1200kgの車両重量を実現する。これはロータス『エリーゼ』をベースにしたEVスポーツカー、テスラ『ロードスター』よりも約35kg軽い。

ライトカー-オープンソースの開発には、欧州8社が参画。EDAGグループは今後も研究開発を進め、将来的には市販につなげる計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】EDAG ライトカー オープンソース 画像 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】EDAG ライトカー オープンソース
  • 【カーエレ10】EV充電器はシンプル・低価格化へ ネオシステムのEVコンセント 画像 【カーエレ10】EV充電器はシンプル・低価格化へ ネオシステムのEVコンセント
  • ダイレクト駆動の話題…シムドライブとJR東日本 画像 ダイレクト駆動の話題…シムドライブとJR東日本
  • 【ジュネーブモーターショー2021】主催財団が中止を決定、開催権を売却へ 画像 【ジュネーブモーターショー2021】主催財団が中止を決定、開催権を売却へ

特集

おすすめのニュース