スズキとVW提携、どうするトヨタ

自動車 ビジネス 企業動向
本社
  • 本社
  • 資本提携
スズキとフォルクスワーゲンの提携で、これまで緩やかな業務提携を続けてきたVWとトヨタ自動車との関係が注目される。

トヨタはVWと業務提携を結んで、日本国内でのVWの販売や環境技術に関する情報交換などを行ってきた。

今回のVWとスズキの提携は、今後環境技術をベースに、共同開発車なども進むと見られる。そんな中で、トヨタと日本国内でライバル意識の強いスズキに対抗する形で、トヨタ系ディーラーによるVWの販売が継続するのかは微妙だ。また、トヨタとVWの環境技術の情報交換などもストップする可能性もある。

VWは2018年に販売台数を1000万台にする構想を掲げて、世界トップとなったトヨタに対抗心をあらわにしている。今回、スズキとの提携でススキの台数を加えたVWグループは販売台数でもトヨタに肉薄すると見られている。それだけにVWとトヨタとの関係見直しは必至の情勢だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スズキとVW、両社トップがコメント 画像 スズキとVW、両社トップがコメント
  • スズキ、VWと資本提携で自己株式を割当 2224億円 画像 スズキ、VWと資本提携で自己株式を割当 2224億円

特集