伊藤忠、EV向けリチウムイオン電池事業を強化

自動車 ビジネス 企業動向
Th!nkのEV、シンクシティ
  • Th!nkのEV、シンクシティ
  • Th!nkのEV、シンクシティ
  • Ener1グループ企業概要
伊藤忠商事は、米国エナール1が実施する増資を引き受け、電気自動車用のリチウムイオン電池事業を強化する。エナール1が実施する第三者割当増資を2000万ドルで引き受ける。

伊藤忠は、2003年にエナール1に出資をしており、今回の増資後の出資比率は5%弱となる見通し。12月10日までに実行する予定。

エナール1の100%子会社のエナデルは、OEMレベルの車載用のリチウムイオン電池システムを製造できる電池メーカーで、米国内で唯一、セルから電池システムまで一貫して開発・製造できる量産設備を保有する。2009年8月には米国政府が実施するグリーンニューディールの一環で助成金1億1850万ドルを獲得している。

すでにボルボ社やノルウェーの電気自動車メーカーTh!nk(シンク)社などへの電池システムの供給が決まっている。

今回の増資引き受けにより、伊藤忠商事は、エナデルをはじめとするエナール1グループとの関係を強化することで、リチウムイオン電池関連の総合ビジネスを強化する。伊藤忠では2012年度のリチウムイオン電池関連事業の売上350億円を目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • つくば低炭素プロジェクト…ファミリーマートがカーシェアリングやEV充電 画像 つくば低炭素プロジェクト…ファミリーマートがカーシェアリングやEV充電
  • GSユアサ、滋賀県にリチウムイオン電池工場を建設へ 画像 GSユアサ、滋賀県にリチウムイオン電池工場を建設へ
  • 【池原照雄の単眼複眼】リチウムイオンで猛追の韓国、日本はDRAMや液晶のテツを踏むのか 画像 【池原照雄の単眼複眼】リチウムイオンで猛追の韓国、日本はDRAMや液晶のテツを踏むのか
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース