【SEMA 09】マツダ アクセラ 新型2台をチューニング

自動車 ニューモデル モーターショー
マツダアクセラセダン(左)とマツダスピードアクセラ(右)のカスタム仕様
  • マツダアクセラセダン(左)とマツダスピードアクセラ(右)のカスタム仕様
北米マツダは、3日(日本時間4日深夜1時)にラスベガスで開幕するSEMAショーで、『マツダ3セダン』(日本名:『アクセラセダン』)と『マツダスピード3』(日本名:『マツダスピードアクセラ』)のカスタムカーを展示する。

SEMAとはスペシャル・エクイップメント・マニュファクチャラー・アソシエーションの略で、米国のアフターパーツメーカーの統括組織。毎年11月に開催されるSEMAショーは、日本のオートサロン、ドイツのエッセンショーと並んで、世界3大チューニングカーショーに位置づけられる。

2台のアクセラは、カリフォルニア州のマツダR&Dがカスタムを担当。ボディはクリスタルホワイトパールで塗装され、ルーフ、グリル、ドアミラー、フォグランプ回りはブラック、テールランプはダーク仕上げとした。さらにボディ側面にはグラフィックデカールを装着。これは1991年のルマン24時間優勝マシン、マツダ『787B』がモチーフだ。

タイヤはブリヂストン製「ポテンザRE050A」。225/40ZR19のサイズは米国向け『RX-8』のスポーツグレード、「R3」と共通である。

写真左のアクセラセダンは、2010年から「ワールドチャレンジ」に本格参戦するマシンを意識。「MZR型」2.5リットル直4エンジンには、ギャレット社製のボールベアリングターボ「GT2871R」を追加。最大出力は250psオーバーを達成する。

足回りも強化。フロントブレーキはマツダスピード3から流用し、リアブレーキは『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)用をモディファイ。KW製のサスペンションも導入する。

写真右のマツダスピードアクセラは、AEM製コールドエアインテークを追加し、最大出力は20psアップの284psを獲得。足回りはKW製サスペンション、ストップテック製4ピストンブレーキなどで強化されている。

2009年のSEMAのマツダブースは、2台のアクセラが主役。そのスポーツイメージを前面にアピールする戦略だ。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース