【東京モーターショー09】豊田自動織機、2つの軽量新素材がレクサス LFA に採用

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサスLFA
  • レクサスLFA
  • レクサスLFA
  • 豊田自動織機
  • 豊田自動織機
  • 豊田自動織機
  • 豊田自動織機
豊田自動織機は、炭素繊維強化樹脂(CFRP)を活用した車体の軽量化技術と、樹脂ウインドウを活用した自動車軽量部品がトヨタ自動車が発表した2シータースポーツレクサス『LFA』に採用された、と発表した。

2つの軽量新素材のうち、CFRPは、独自の織物技術を生かした3次元炭素繊維強化樹脂が自動車向けとして初めてLFAのクラッシュボックスに採用され、生産技術では、トヨタ自動車と共同で、量産に適した新しい成形技術を開発した。

樹脂ウインドウは、今回開発した製品として耐久性の高いクオーターウインドウとパーテーションが採用され、それぞれ、従来のガラス製品から大幅な軽量化を図っている。

同社では今後も燃費改善によるCO2排出量の削減を目指し、CFRPと樹脂ウインドウのほか、自動車ボディの軽量化に貢献していくとしている。

豊田自動織機はこれらの新素材を東京モーターショーに出展している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集