【東京モーターショー09】日本精工、テーマは“エコと安全”

自動車 ニューモデル モーターショー

次世代ハイブリッドカー向け「モータ及び発電機構用超高速玉軸受」を開発
  • 次世代ハイブリッドカー向け「モータ及び発電機構用超高速玉軸受」を開発
  • 世界初の機電一体コラムタイプ電動パワーステアリング(EPS)を開発
  • 「BRICs市場向けハブユニット軸受」を開発
日本精工は16日、幕張メッセで10月21日から11月4日まで開催される「第41回東京モーターショー」への出展概要を発表した。

今回の東京モーターショーでは「エコがかわる 安全がかわる」をテーマに、急激に進むクルマの構造変化や市場の変化に対応し、未来のクルマのCO2低減と安全へ貢献する同社の技術を紹介する。「電動化」や「低燃費」、「小型化・軽量化」、「安全」を実現する世界トップレベルの製品と技術をアピールしていく。

具体的には次世代ハイブリッドカー向けモーター・発電機構用の超高速玉軸受、ハイブリッドカー専用低トルク玉軸受、機電一体型電動パワーステアリング、新興市場向けのハブユニット軸受などを出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集