ポルシェジャパン、911 GT3/GT3 RS向けのアクセサリーを追加設定

自動車 ビジネス 国内マーケット
911 GT3/GT3 RS向けのアクセサリー
  • 911 GT3/GT3 RS向けのアクセサリー
  • 911 GT3/GT3 RS向けのアクセサリー
  • 911 GT3/GT3 RS向けのアクセサリー
ポルシェジャパンは7日、タイプ997のポルシェ『911 GT3』、『911 GT3 RS』に後付けできる、新しいモータースポーツ用のアクセサリーを販売すると発表した。

今回新たに設定する特別なコンポーネントは、チタニウムやカーボンなど、レーシングカーにも採用されている軽量素材を使用したオプションアクセサリー。

チタニウム製の新しいダブルエグゾーストテールパープは、車両重量を軽減、エグゾーストの温度が高くなると、多くのレーシングカーと同様、テールパープのカラーがホワイトメタリックからブルーに変化する。リアのリップスポイラー(ガーニーフラップ)とエンジンフードに設けられたラムエアスクープは、車両重量の軽量化とエクステリアをより印象的なデザインに仕上げる装備で、これらのパーツには軽量でありながら安定性も高いカーボンを使用している。

また、バンパーの上方に設けられたフロントエアアウトレット、サイドミラーのシェルをカーボン仕上げにすることも可能。強度の高い素材であるカーボンの採用で、エアアウトレットの開口をより大きくすることができまる。通常、開口部には補強用のバー3本を設けているが、このモータースポーツ用コンポーネントは、中央に1本だけ設けられており、その1本で高い耐久性を発揮するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集