メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
  • メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定
ダイムラーは29日、欧州仕様のメルセデスベンツ『スプリンター』に「ブルーエフィシエンシー」を投入した。乗用車の『Cクラス』や『Eクラス』と同様に、メルセデスベンツの商用車にも、環境性能を追求した「ブルーエフィシエンシー」が拡大設定された。

スプリンターは、最大積載量3.5tクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は2006年に発売され、現在までに累計40万台以上を販売。初代からの累計セールスは約170万台に到達している。

ブルーエフィシエンシーは、今年6月に登場した2009年モデルの「OM651型」2143cc直4ターボディーゼル搭載車がベース。この新ディーゼルは、バランサーシャフトや大容量インタークーラーの採用で、性能をアップ。1800バールのコモンレール高圧燃料噴射やEGRなどを導入して、ユーロ5に適合するクリーンな排出ガス性能を実現している。

エンジン出力は3仕様が用意され、最大出力と最大トルクはそれぞれ、95ps/25.5kgm、129ps/31.1kgm、163ps/36.7kgm。新開発の6速MTは、1速ギアを超低速用、6速ギアを高速用に設定し、燃費の改善を図っている。

ブルーエフィシエンシーでは、アイドリングストップ機能を新採用。さらに、オイルポンプ、ピストン冷却オイルスプレーノズル、オルタネーターなどをオンデマンド方式に変更した。これらの改良により、さらなる環境性能の向上を目指す。

また、天然ガス仕様車の『スプリンターNGT』にも、同様のブルーエフィシエンシーを新設定。「316NGT」と「516NGT」の2グレードが用意され、最大出力は150ps、最大トルクは24.5kgmを発生する。

スプリンターは、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションが豊富。ダイムラーはメルセデスベンツの全モデルに、ブルーエフィシエンシーを設定する戦略と思われる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集