EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー

自動車 ビジネス 企業動向

EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
  • EVメーカーのテスラ、700台目をデリバリー
米国テスラモータースは9月15日、フランクフルトモーターショーにおいて、EVスポーツカーのテスラ『ロードスター』の累計販売台数が、700台に到達したことを明らかにした。

テスラロードスターは、2006年7月に初公開。ロータス『エリーゼ』をベースに開発したスポーツカーで、最大の特徴は電気モーターのみで走行するEVスポーツという点だ。

ミッドシップに置かれる強力なモーターは、最大出力250ps、最大トルク38.2kgmを発生。軽量なエリーゼをベースにしたことで、車重は1220kgに抑えられ、0 ‐ 96km/h加速3.9秒、最高速200km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、急速チャージャーを使えば約3.5時間で充電可能。最大航続距離は393kmを確保した。テスラロードスターの米国でのベース価格は12万8500ドル(約1175万円)で、2008年から納車が開始されている。

また、テスラモータースは6月25日、英国ロンドンに欧州第1号店をオープン。9月17日にドイツ・ミュンヘンに欧州2号店が開業し、年内にはモナコにもディーラーを置く予定だ。すでにロードスターは、英国、スイス、フランス、オーストリア、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、スペイン、モナコ、スウェーデンの顧客に納車されたという。

テスラモータースのイーロン・マスクCEOは、フランクフルトモーターショーのプレスカンファレンスにおいて、「欧州での販売は順調。ポルシェ『911』やアウディ『R8』などと比較する顧客も多い」と、自信たっぷりに語った。なお記念すべき700台目のキーは、イーロン・マスクCEOからドイツ・ボン在住のロースクール学生、Lennart Hennig氏に手渡されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集