【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
  • 【フランクフルトモーターショー09】R8スパイダー…妥協しないV10とカーボンボディ
アウディ『R8スパイダー』。すでにご存じの人も多いだろうが、この車はただのオープン2シーターのスポーツカーではない。フランクフルトモーターショーで一般公開されたこの車は、スタイルだけでなく、レーシングカー並みのスペックを持っている。

エンジンは5.2リットルのV10エンジンがミッドマウントされる。最大出力は386kW/8000rpm(525hp)、最大トルクは530Nm/6500rpmで、0-100km/h加速は4.1秒。そして駆動方式は「クワトロ」フルタイム4WDだ。通常はオープントップだが、高速走行にも耐えるソフトトップの開閉は、50km/h以下なら全自動で行える。ボディシェルにはふんだんにカーボン素材を使っており、マグネシウム合金のエンジンフレームなど、ボディだけの重さなら216kgしかないという。

オプション設定のRトロニックトランスミッションは、ノーマルモードとスポーツモードを備え、シフト操作はジョイスティックかステアリングのパドルで行うタイプとなっている。タイヤサイズはフロント235/35、リアが295/30となっており、ブレーキはフロントが8ポッドキャリパー、リアが4ポッドキャリパーのタイプがそれぞれ搭載される。オプションでカーボンセラミックのブレーキディスクの設定もある。

変わった装備では、シートベルト内蔵マイクだ。これはシートベルトにフラットマイクが3つ装備され、さらにフロントウィンドのフレームに4つめのマイクもセットされ、携帯電話などのハンズフリー通話を可能にしてくれるそうだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集