【日産 スカイライン クロスオーバー 試乗】世界で他に類をみない…西川淳

試乗記 国産車

個人的には、なんで『スカイライン』って言ったのだろうという気分の悪さと、『クロスオーバー』なんていう安直なネーミングに、突っ込みどころ満載という思いで試乗してみたが…。

乗ってみれば、想像以上に仕上がりがよく、乗り終える頃には現行スカイライン系の中で最も乗り心地もよく気持ちのいい走りを見せるクルマ、という評価に落ち着いた。もっと素直に乗り込めれば、もっと楽しめたのに…。  

よくできたクルマだと思う。エコ的な概念がほとんどないという、言わば“逆風”の成り立ちであっても、クルマなのだから最後にはライドフィールがものを言うプロダクトであってほしい。ハイブリッドじゃなければクルマでないという世の流れにモノ申すクルマである。将来的に、これをベースにもっとエコ化が進めばいいだけの話だ。  

特に気に入ったのは、FR(2WD)である。クロスオーバーSUVなのに二駆じゃ意味がない、というのは古い考え方だし、そう考える方は4WDを買えばいい。ボクなら都内の生活で雪の日は乗りたくないし、山道も行かない(行くならジムニーを買う!)から、4WDはオーバースペック。それにスカイラインクロスオーバーの場合、圧倒的に二駆の方が乗っていて気持ちがいい。背の高いクルマにしてはちょっと過敏かもしれないが、スポーティだと言うこともできる。前アシのさばきが軽い点も、シティドライブには嬉しい。  

ちょっと高いかな、と思える値段だが、スカイラインセダンでも装備を考えるとこんなもの。というわけで、世界で他に類をみないFRのクロスオーバーSUV。現時点でスカイラインファミリー(心情的に認めたくないけど)の中ではベストバイだと思う。これでサマータイヤのシャコタン仕様があればもっといいのになあ。でもそれじゃクロスオーバーじゃなくなるか。  

■5つ星評価 
パッケージ:★★★ 
インテリア/居住性:★★★★ 
パワーソース:★★★★ 
フットワーク:★★★★★ 
おすすめ度:★★★★  

西川淳|自動車ライター 
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。浪花節クルマおたく。
《西川淳》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集