ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
  • ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
  • ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
  • ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
  • ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
  • ポルシェ 911スポーツクラシック…伝統を受け継ぐ限定車
ポルシェは2日、『911』に世界限定250台の特別限定車、『スポーツクラシック』を設定した。ポルシェ社内のカスタマイズを手がける部門、「ポルシェエクスクルーシブ」が開発した熱烈な911ファンに向けたモデルだ。

ポルシェによると、スポーツクラシックの開発には、約3年間の年月が費やされたという。同車は最新911をベースにしながら、1963年に誕生した初代911のイメージを投影させた、大人のノスタルジーをくすぐるモデルである。

外観のハイライトは、独特の固定式リアスポイラーだろう。これは911の名車中の名車といわれる1973年式『カレラRS 2.7』(通称:ナナサンカレラ)のダックテールをモチーフにしたものだ。またルーフは専用の「ダブルバブル」タイプ。リアフェンダーは44mm拡幅され、トレッドも広げられた。フロントには専用のリップスポイラーが追加されている。

911スポーツクラシックはRR駆動の『カレラS』がベース。ただし、直噴3.8リッター水平対向6気筒エンジンは、6枚の負圧制御式スイッチングフラップを備えた新開発レゾナンスインテークマニホールドを追加。最大出力は23 psプラスの408 psを発生する。

トランスミッションは6速MTのみ。PCCB(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)、車高を20 mm低めたスポーツサスペンションのPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)などを装備する。ブラック塗装の19インチアルミホイールは、1974年に発表された初代『911ターボ』(930型)を連想させる。

インテリアは、エクスクルーシブな空間。帯状のスムースレザーと編み糸で丹念に縫製された「ウーブンレザー」を専用アダプティブスポーツシートやドアパネルに使用。インパネは、エスプレッソカラーのナチュラルレザー仕上げで、専用ボディカラーの「スポーツクラシックグレー」とコーディネートされた。

911スポーツクラシックは、15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。全世界250台を生産し、日本には12台のみを導入する。価格は2740万円で、9月30日からオーダー受付を開始。興味のある人は、早めにディーラーに足を運んだほうが良さそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集