カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か

自動車 ビジネス 企業動向
カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
  • カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
  • カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
  • カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
  • カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
  • カロッツェリア・ベルトーネ、フィアットが取得か
イタリアの車体メーカー、カロッツェリア・ベルトーネを、フィアットが取得する計画があることが判明した。イタリアの複数メディアが14日、関係者の話として伝えたもので、早ければ16日までに公式発表が行なわれる見込みだ。

カロッツェリア・ベルトーネは2000年以降、オペル一部車種の受託生産などで急速な拡大路線を辿った。しかし、その後の相次ぐ生産契約打ち切りで、2005年から経営が悪化した。2007年末から経営再建案が模索されたが、その過程で計画倒産疑惑が浮上。

それを受けて2008年2月から、トリノの裁判所に管理下による経営委員会のもと、再建が進められてきた。現在も1137名の従業員を擁している。

そうした交渉のなかで、これまでに新出資者として、トリノの実業家ドメニコ・レヴィーリオ、元テレコム・イタリア幹部のジャンドメニコ・ロッシニョーロ、元オーナーの未亡人リッリ・ベルトーネのほか、中国企業の名前も挙がってきた。

フィアットとは1990年代まで初代『プント・カブリオ』の受託生産などで良好な関係を保っていた。だが2003年のアルファロメオ『GT』では、ベルトーネのデザイン部門の作品にもかかわらず、カロッツェリア・ベルトーネの期待に反してフィアットは南部ポミリアーノ・ダルコの自社工場で生産することを決定。ぎくしゃくした関係になっていた。

そうした状況から一転して、フィアットがベルトーネを取得する可能性との報道に、イタリア金属労連(FIOM)も好意的な見解を示している。

なお、今回話題の中心となっているカロッツェリア・ベルトーネは、ベルトーネグループの車体製造部門。リッリ・ベルトーネの娘マリー-ジャンヌが経営するデザイン会社スティーレ・ベルトーネは、堅調で安定した経営を続けている。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • カロッツェリア・ベルトーネの破産手続き開始 画像 カロッツェリア・ベルトーネの破産手続き開始
  • 新生クライスラーとフィアット戦略提携で最終合意 画像 新生クライスラーとフィアット戦略提携で最終合意
  • 独カルマンが破産 画像 独カルマンが破産
  • イタリアからカロッツェリアが消える!…ピニンファリーナ、生産から撤退 画像 イタリアからカロッツェリアが消える!…ピニンファリーナ、生産から撤退

特集