プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層

自動車 社会 行政
プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
  • プレミアムカーシェアリング…ユーザーの7割弱が外国人富裕層
アウディファイナンシャル サービス、アウディ ジャパン、住友不動産は、7月下旬から開始を予定している「アウディプレミアムカーシェアリング」のユーザーの7割弱を外国人エグゼクティブで占めると見込んでいる。

住友不動産は、同サービスの利用対象者である泉ガーデンレジデンスおよびオフィスの入居者について「6 - 7割が外国人富裕層」とし、このカーシェアを利用する人たちについては「外国人が7割弱を占めるだろうと見込んでいる」と話していた。

また同社は「この泉ガーデンに居住する外国人富裕層は、日本には2 - 3年しか滞在せず、クルマを所有するわずらわしさを感じている。またはもともと利用頻度が少ない人たちだ。日本人居住者は、プレミアム輸入車を1台すでに所有していて、コンパクトなクーペやオープンカーにセカンドカー的な利用をイメージして、たまに乗りたいと思っている。そうしたニーズにこたえるサービスだ」という。

いっぽうで泉ガーデン内の高級賃貸マンション「ラ・トゥール」は、現在のところ"空き物件"が若干残っていて、こうした物件に興味を持っているのも「外国人富裕層の人たちが多く感じられる」(同社)と話す。都心のこうしたマンションには外国人富裕層の居住率が上がっているという声もあった。

アウディは今回の試みについて、コンセプトのひとつを「ブランド体験の機会の提供」としながらも、「採算度外視。あくまでマーケティングアプローチのひとつ」と付け加えた。今後のユーザーの反応が気になるところだ。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • プレミアムカーシェアリング…アウディと住友不動産が開始 画像 プレミアムカーシェアリング…アウディと住友不動産が開始
  • 【アウディ Q5 日本発表】朝は山へ、夜はオペラへ 画像 【アウディ Q5 日本発表】朝は山へ、夜はオペラへ

特集