レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
レクサスは、5月21日から24日までニュルブルクリンクサーキット(ドイツ・ラインラント=プファルツ州)で開催される「第37回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に、開発中のプレミアム2シータースポーツ『LF-A』で再び参戦すると発表した。

2008年に続いて2回目となる今回の参戦は、24時間耐久レースという過酷なモータースポーツにチャレンジすることを通じて開発車両を鍛え、開発にフィードバックすることが目的。また、レースのサポートスタッフとして若手メカニックを中心に起用し、人材の育成に活用するとしている。

参戦車両は商品化を視野に開発を進めている「LF-A」の試作車をベースに、レース対応のための安全装備(ロールケージ、燃料タンクなど)やスポイラー等の空力パーツを付加した。

ボディサイズは、全長4530mm×全幅1880mm×全高2605mm、ホイールベース2605mm。ボディはCFRP(カーボン繊維強化樹脂)で纏われる。4.8リットルV10エンジンをフロントミッドに搭載し、最高出力は500psを発揮。昨年の出場時からエンジン、駆動系、ボディ骨格等に大きな変更はないが、新たにコースに合わせたチューニングの変更を施し、戦闘力アップを狙ったとしている。

このLF-Aは、「ディビジョン2 SP8(エンジン無改造)」カテゴリーにGAZOO Racingチームとして出場する。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集