【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!

自動車 ニューモデル モーターショー
【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!
  • 【ニューヨークモーターショー09】スバル レガシィ 新型、アウトバック初公開!!

スバルは9日、ニューヨークモーターショーで新型『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)を発表した。220mmの最低地上高とシンメトリカルAWDの組み合わせが、行動半径を広げてくれる。

アウトバックは『レガシィ』の『ツーリングワゴン』をベースに、車高を引き上げてちょっとしたオフロード走行を可能にしたモデル。初代アウトバックは15年前のニューヨークモーターショーでデビューしたこともあり、4代目アウトバック発表の場もニューヨークが選ばれた。

8日に披露された新型レガシィセダン(日本名:『レガシィB4』)と同様に、存在感あるスタイルが大きな特徴。鷹の目を思わせるヘッドランプはシャープなイメージ。大きく張り出したフェンダーアーチがたくましさを演出する。テールランプがゲート側にも装備された点は、現行型との違いとして指摘できる。また、Dピラーが太くなったのと同時に、ボディ同色仕上げとなり、SUV風に見える効果を生んでいる。

アウトバックの専用装備が、フロントのアンダーガード付きバンパーやサイドのロッカーパネル。グリルも専用デザインとなる。グランドクリアランスは220mmと、現行よりも20mm引き上げられた。タイヤサイズはグレードにより、215/70R16か225/60R19となる。

新型の注目装備のひとつとして挙げられるのが、新しいルーフレール。クラスで初めてクロスバーを内蔵し、任意の位置で固定できるようにした。風切り音を低減するよう、デザインにも配慮している。

ボディサイズは全長4780×全幅1821×全高1669mm、ホイールベース2741mm。現行型よりも、全幅は51mm、全高は100mm、ホイールベースは71mm大きくなったが、前後のオーバーハングを切り詰めることで、全長は25mm短くなった。

北米仕様のエンジンは2種類。「2.5i」用の2.5リットル水平対向4(170ps/5600rpm、23.5kgm/4000rpm)、「3.6R」用の3.6リットル水平対向6(256ps/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)だ。トランスミッションは、2.5iが新開発6速MTとCVTの「リニアトロニック」、3.6Rが5速ATとなる。

2.5リットルNAは、エンジンヘッドの冷却性向上や樹脂製インテークマニホールドの採用などにより、軽量化を実施。低速トルクや燃費性能、排出ガス性能を引き上げた。3.6リットルは現行3.0リットルの排気量拡大版。吸排気AVCS(連続可変バルブタイミング機構)などにより、パワーと環境性能を両立させている。

2.5リットルに用意したCVT、リニアトロニックはスバルの次世代自動変速機。量産AWD乗用車用の縦置きチェーン式無段変速機は世界初という。チェーン式無段変速機は、トルク伝達の大容量化とフリクション低減という効果があり、コンパクトで優れた燃費性能を発揮する。

5%以上の登坂路で停車した場合に有効な「ヒルホールドシステム」にも注目したい。新型は電気式パーキングブレーキを導入するが、このブレーキと連動させて、坂道でブレーキペダルから足を離しても、車両を後退させないようにした。現行型にも同様の装備があるが、車両を固定できるのは数秒が限度だったから、大きな進歩だ。

シャシーはクレードル構造の採用が話題。クレードル構造とは、エンジンをボディにマウントするのではなく、ゆりかご状のクレードルフレームにマウントする方式を指す。メインクッションラバーは液体封入式とし、4点でエンジンを支持。優れた静粛性や乗り心地、高い操縦安定性や衝突安全性を実現しているという。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット。アームをクレードルフレームへマウントすることで高剛性化し、ステアリングの応答性や操縦性を向上させた。同時に、スタビライザーのレイアウト変更と大径化により、ロール剛性も改善する。リアは低床タイプのダブルウィッシュボーンを導入。サスペンションリンクやリアデフ、サブフレームの取り付け位置などを最適化することで、防振性能をアップさせた。 

室内はダイナミックな造形の中に、ゆとりある空間を備えている。インパネは横方向への広がり感を強調したデザイン。表面にはヘアライン加工を施し、質感を引き上げた。電気式パーキングブレーキ採用で、サイドブレーキが廃止され、センターコンソール周辺の使い勝手が向上。後席は65対35の分割可倒式で、リクライニング機能が付く。

ボディサイズの拡大によって、室内のゆとりが増したのもポイント。後席のレッグルームは+102mm、ショルダールームは前席が+48mm、後席が+61mm。ヒップルームは前席が+89mm、後席が33mm広がった。荷室スペースは170リットル拡大し、2025リットルを確保している。

シートは乗り心地とホールド性を追求した新デザイン。上級グレードにはレザーシート、シートヒーター、助手席パワーシートを装備する。ステアリングホイールの形状も一新し、ATとリニアトロニック仕様はパドルシフトを装備。センターパネル中央には、瞬間・平均燃費などを表示するマルチインフォメーションディスプレイをレイアウトした。

安全面では、全車にVDCとEBD付きABSを標準装備。運転席&助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグも全車標準だ。クレードルフレーム構造や高張力スチールの採用などにより、衝突安全性も引き上げられた。

新型レガシィはセダン(B4)とアウトバックが公開され、残るはツーリングワゴンだけとなった。しかし、アウトバックと基本ボディを共用しているため、大まかな内容は推測できる。新型レガシィのツーリングワゴンは5月下旬、日本に登場する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集