トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
  • トヨタ プリウス 新型見積もり…205万円の装備内容!
トヨタのハイブリッド車新型『プリウス』の予約注文が始まっている。注目は、各メディアが報じている、205万円となる「Lグレード」の装備内容。

販売スタッフ向けの資料に目を通すと、外装ではボディカラーの選択肢が少なくなることと、タイヤが細いものになることぐらいで、ちゃんとアルミホイールが装備され、見た目が「ショボク」なるということはなさそうだ。

インテリアでは、モデル全体で3種のシート表皮が用意されているが、「Lグレード」のシートも、これも安物グレードという印象ではなさそうだ。

これは、全グレードにいえることだが、悩みどころは30万相当になるメーカーオプションのナビゲーションを選ぶかどうか?

ナビはインパネのど真ん中に存在していて、インテリアの印象を大きく左右する。パンフレットもナビを装着した写真をのせていて見栄えもいい。ナビゲーションを選択しない場合、2DINの場所にフタをしていて、これが安っぽい。

現行プリウスでは市販ナビをビルトインで装備できなかったが、新型モデルでは、エネルギーモニター等の車両情報は、メーターにある専用のイフォメーションディスプレイに表示されるようになり、市販のナビゲーションを装備できるようになった。

一番ベーシックな「Lグレード」でも十分な装備内容で、あとは、30万円安くなったんだからメーカーナビゲーションを奮発するか、30万円きっちり安く購入するか。オーナーとなる人はそのへんで頭を悩ますに違いない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集