【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル

エコカー 燃費

【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
  • 【e燃費アワード09】4気筒CVTの熟成と細かな制御…スバル
軽自動車部門では、3年連続1位のスバル『R2』(17.8km/リットル)、さらに『R1』(17.0km/リットル)の2位、『ステラ/ステラカスタム』(16.5km/リットル)の4位と、富士重工業の軽が大健闘した。

同社エンジン設計部の白坂暢也氏は「カタログ燃費と違う世界で、ユーザーの喜びの声を聞けるのはうれしい。(ランキング内の)他社との違いは、シリンダー数。スズキやダイハツが3気筒なのに対し、スバルは4気筒。そこに燃費の差が出てくるのではないか。そしてCVT開発を継続し蓄積してきたノウハウが今に活かされ、細かな制御のチューニングを重ねているところも差がつくのだろう」と話す。

ただ、ハード面での開発は行き着くところまでほぼ達していると同氏は言う。「さらに新しいデバイスやアイテムを入れていくのは難しい領域にきている。今後はエアコン等の機関以外の周辺機器など、まだ改善の余地がある部分に着目もしていかなければならない」。

軽自動車部門は1位から5位までのクルマすべてがCVT(無段変速機)だ。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集