【ホンダ インサイト 試乗】日常性能をやさしく…家村浩明

試乗記 国産車

【ホンダ インサイト 試乗】日常性能をやさしく…家村浩明
  • 【ホンダ インサイト 試乗】日常性能をやさしく…家村浩明
  • 【ホンダ インサイト 試乗】日常性能をやさしく…家村浩明
  • 【ホンダ インサイト 試乗】日常性能をやさしく…家村浩明
さすがに初代よりも室内(後席)は拡がったが、ただクルマ全体が“低姿勢”であることは、この2代目でも変わらず。まあミニバンでもひたすら低全高・低重心で攻めているメーカーだから致し方ないのかもしれないが。

ただ、毎日の暮らしを「グリーン」にしようという提案であるなら、もっと乗降しやすい、そして乗降する際に人体(腰骨、背筋など)の負担を少なくするようなパッケージングもそろそろ検討されていい。

街乗りレベルでの低速域での乗り心地も、コツコツ/ゴロゴロという粗さが残っていて、硬めの乗り味に終始する。舗装の荒れ具合、小さな突起などをいちいち乗員に伝えてくるのは、余計なロード・インフォメーションであろう(この点では16インチタイヤ仕様の「LS」がより顕著)。

せっかくのハイブリッド車、こうしたクルマの「日常性能」というべき部分を、もう少し「やさしく」したいと感ずるのは私だけか。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

家村浩明|ライター
雑誌編集者を経て、1985年頃よりフリーランスで執筆活動を開始。時代を映す「鏡」としてのクルマに関心を持ち、歴史的考察や新型車の批評のほか、開発ドキュメントやモータースポーツを執筆テーマとしている。著書に『自動車コラム大全』、『ル・マンへ…レーシングNSXの挑戦』、『最速GT-R物語』、『プリウスという夢』など。
《家村浩明》

編集部おすすめのニュース

特集