【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】アウディ TT-RS
アウディは3日、ジュネーブモーターショーで『TT』の最強グレード、「RS」を正式発表した。2.5リットル直5ターボ(340ps)を搭載。クーペとロードスターの2ボディが用意される。

TT-RSのハイライトは、アウディにとって約15年ぶりに復活する直列5気筒エンジンだ。新開発の直噴2.5リットル直5ターボの「TFSI」は、最大出力340ps、最大トルク45.9kgmを発生。最大トルクは1600-5300rpmの幅広い領域で発生するフラットな特性を持つ。また、「スポーツ」スイッチを押すと、アクセルレスポンスや排気音が変化する。

このエンジンは軽量コンパクトなのが特徴で、エンジン単体の長さは490mm、重量は183kg。アウディスペースフレーム構造の効果もあり、車重はクーペが1450kg、ロードスターが1510kgに抑えられた。トランスミッションは新開発の6速MT、駆動方式はフルタイム4WDの「クワトロ」だ。

TT-RSのパフォーマンスは刺激的。0-100km/h加速はクーペが4.6秒、ロードスターが4.8秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)の実力だ。顧客の希望に応じて、リミッターの解除が可能で、この場合、最高速度は280km/hに到達する。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集