スバル富士重、期末配当無配に転落

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業(スバル)は、2009年3月期の期末配当を無配とすると発表した。

同社では、今期業績が営業赤字90億円、最終赤字230億円となる見通しで急激に悪化している。前回の業績見通しを下方修正した際、期末配当については「未定」としていたが、業績悪化や今後も厳しい経営環境が予想されるとして無配とすることを決めた。
 
中間配当は1株当たり4円50銭を実施した。前年の期末配当も4円50銭を実施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集