ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
  • ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
  • ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
  • ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
  • ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
  • ヒュンダイの最上級サルーン、堂々のデビュー
ヒュンダイは17日、新型『EQUUS』(エクウス)を韓国で発表した。『ジェネシス』の上に位置する最上級サルーンで、レクサス『LS』やメルセデスベンツ『Sクラス』をライバルに想定している。

2008年に発表されたジェネシスは、レクサス『GS』やメルセデスベンツ『Eクラス』の競合モデルとして開発。北米カーオブザイヤーを韓国車として初めて受賞するなど、高い評価を受けている。その勢いに乗ってヒュンダイは、最上級サルーン市場へ参入する。

エクウスといっても、これまでの存在感は極めて希薄だった。というのも、ドライバーズセダンではなく、公用車としての需要が中心だったからだ。初代は1998年に登場。三菱自動車と共同開発され、三菱版は『プラウディア』を名乗っていた。2003年にはマイナーチェンジを受けるが、デビューから10年以上、細々と生産を続けてきたのが現状だ。販売市場も韓国がメインで、少量が中国や中東に輸出されていたに過ぎない。

そこで、ヒュンダイは2代目エクウスを、グローバルな高級ドライバーズサルーンとして開発。エクウスのネーミングは韓国だけにとどめ、北米や欧州など主要市場向けには、『ジェネシスプレステージ』の車名で投入するという。

新型のボディサイズは全長5160×全幅1900×全高1495mm。レクサス『LS460L』(5150×1875×1475mm)を上回り、メルセデスベンツ『S550ロング』(5205×1870×1485mm)に迫る堂々の大きさだ。フロントグリルは大型のメッキ仕上げで押し出し感を強調。ヘッドランプやテールランプにはLEDが使用された。

エンジンはジェネシスと共通で、3.8リットルV6(290ps)と4.6リットルV8(368ps)。遅れて専用の5.0リットルV8(420ps)が追加される。シャシーはジェネシスと基本的に共通。第2世代のVSM(ビークルスタビリティマネジメント)、カメラを使用したレーンディパーチャーウォーニング、衝突前にシートベルトを引き込むプレセーフティなどの安全装備が導入される。

新型エクウスは、3月3日のジュネーブモーターショーでワールドデビュー。韓国では同日、販売がスタートする。韓国での価格は1億3000万ウォン(約815万円)からと、ライバルに対して競争力のある設定だ。17日に韓国で行われた発表会には、レクサスLSやメルセデスベンツSクラスが用意され、ジャーナリストに比較の機会が設けられた。

最上級サルーンセグメントは、メルセデスやBMWなど、欧州メーカーが圧倒的に強い分野。新型エクウス(ジェネシスプレステージ)がどう評価されるか、注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 北米COTYはヒュンダイ ジェネシス 画像 北米COTYはヒュンダイ ジェネシス
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWの新ジャンルカー、姿を現す 画像 【ジュネーブモーターショー09】BMWの新ジャンルカー、姿を現す
  • 【シカゴモーターショー09】フォードトーラス 新型…SHOの現地写真 画像 【シカゴモーターショー09】フォードトーラス 新型…SHOの現地写真
  • メルセデスベンツ Eクラス 新型…早くもクーペ登場 画像 メルセデスベンツ Eクラス 新型…早くもクーペ登場

特集

おすすめのニュース