【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる

自動車 ニューモデル 新型車

【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
  • 【スズキ ラパン 新型発表】手で撫で回したくなる
新型スズキ『ラパン』の商品コンセプト、「ポジティブリラックス」は、エクステリアデザインにどう表現されているか?

「初代のわざとぺらっと見せていた所も、新型ではしっかり形が見えるようにチューニングしました。下半身の立体感も違います。つまんで残したような所も、新型ではちゃんと取っています。全体にきっちり面質を磨いて、質感を出し、作りこんでいきました。丁寧に作っていった造形のクォリティーを見て下さい」と語るのは、ラパンのチーフデザイナー、結城康和さん。

面と面の合う所。たとえばフロントガラスとルーフとサイドガラス、Aピラーが合わさる所、その収め方が新型ラパンでは俊逸で、実に収まりがいい。またショルダーラインがリアランプへ流れる面と、バックドアのプランヴューのカーブの収め方も巧い。造形に無理がなく、破綻がない。初代のプリミティブな造形も愛おしいが、新型の造形の完成度は、手で撫で回したくなるほどだ。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集