【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良

自動車 ニューモデル 新型車

【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
  • 【ベントレー コンチネンタル フライングスパー スピード登場】各部改良
ベントレー『コンチネンタル フライングスパー スピード』の登場と同時に、ベントレー『コンチネンタル フライングスパー』の2009年モデルが発表された。

そのエクステリアデザインの特徴は、フロントではよりアップライトになったブライトクロム仕上げのマトリックスグリル。大型化されたロアインテーク。クロムヘッドランプベゼルが変更点。オプションでブライトクロムロアマトリックスグリルを選ぶことも可能だ。

またリアデザインも、バンパーを取り巻くように配置されたブライトウェアとブラックロアバランス。クロームテールランプベゼルも変更点だ。

ボディカラーはハバナなど3種類の新しい新色が加わり、ミッドナイトエメラルドなど4種類のデュオトーンペイント・コンビネーションも、初めてコンチネンタルシリーズで選べるようになった。

インテリアデザインでは、5座シートバージョンも、オプションでリアの左右が電動リクライニングシートになった。静粛性に配慮され、防音ガラスも採用された。

ウッドパネルは、インレイやクロムのインレイも選択できるようになった。インテリアカラーは、新しいツートーンインテリアデザインを採用。レザーハイドには、リネンとインペリアルブルーの2種類の新色も加わった。シートを縁取るシートパイピングは、16色から選択可能に。

そして1025Wアンプを装備するNaim for Bentleyオーディオシステムが、選択可能になった。

内覧会会場のグランドハイアット東京には、同時に『コンチネンタルGTスピード』と『コンチネンタルGTC』の2009年モデルも展示されていた。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集