「路外パーキング」実験を開始へ…阪神高速でETCを活用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

阪神高速道路は、高速道路外の沿線の施設を道路内のパーキングエリアのように利用できる「路外パーキング」(仮称)サービス実験を、2009年2月頃から実施すると発表した。

「路外パーキング」とは、パーキングの設置されていない区間でのトイレ休憩や食事などのサービスを保管するために、高速道路外の施設と連携し、阪神高速のパーキングとして利用するもの。

ETCを活用することで、利用者は、一旦高速道路を降りても、1回分の料金で道路外の施設を利用できる。高速道路会社は多大な設備投資をせずにサービスアップを図れる。「路外パーキング」の候補としては、駐車場、コンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどがある。

阪神高速は08年12月にモニターを募集し、09年2月から新西宮ヨットハーバー(駐車場)で実験を開始する。最寄りの出入口は、5号湾岸線・南芦屋浜出入口、同西宮浜出入口。

首都高速道路でも同様のサービスを「スマートPA」として検討している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集