【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ

自動車 ニューモデル モーターショー

【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】デザインチャレンジ…栄冠はマツダ
ロサンゼルスモーターショー主催者は21日、「2008デザインチャレンジ」の結果を発表した。メーカーによるデザインコンペの優勝はマツダの『KAAN』(還)だった。

デザインチャレンジの今年のテーマは「2025年のレーシングカー」。コンセプトの独創性、デザインの完成度、パフォーマンス、万一の際の安全性などを基準に、デザインのプロ4名が審査を行った。

参加した自動車メーカーは米国カリフォリニアにデザイン部門を置く全9社。アウディ、BMW、GM、ホンダ、三菱、メルセデスベンツ、トヨタ、フォルクスワーゲン、マツダが未来のレーシングカーデザインを競い合った。

マツダ還は、前輪2、後輪1の3輪スタイル。各車輪に強力なモーターを内蔵し、ゼロエミッションながら最高速度420km/hを実現するとの想定だ。1チーム30台で走行し、スリップストリームを活用してパワーを稼ぐという。審査員の多くが、斬新なデザインや圧倒的パフォーマンスを評価した。

また、電力はソーラーパネルから路面へ送られ、特許の電子タイヤシステムを通してモーターへ伝えられる。タイヤが既存のゴムでは電子タイヤというコンセプトも、多くの審査員に支持された。

『ロードスター』『RX-8』と独創のスポーツカー作りで知られるマツダ。デザインチャレンジでの栄冠は、その企業精神が生んだ賜物といえそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集