【アウディ A4 試乗】新プラットフォームの功罪…瀬在仁志

試乗記 国産車

『A4』の目玉は、なんと言っても前後重量配分を理想値に近付けるためにフロントアクスルの位置を変更した新プラットフォームの存在。ロングホイールベースと相まって、高速ドライブでは高い安定性を見せてくれるし、上下方向の動きも良く制御がされていてフラットな乗り味を生み出してくれている。

ハンドリング性能的にも高速コーナーでは重量バランスの進化によって、ステアリング操作に対して動きがとても素直。スッとノーズが応答してくれる上に姿勢が安定していて、プレミアムモデルとしての深い味わいを持っている。

一方タイトターンでは大きな舵角になってくるとトラクション不足が感じられたり、フロアに細かな振動が伝わってくるなど、新レイアウトのネガな部分も見て取れた。

CVTや直噴エンジンはともにレスポンスに優れ、走りの良さをしっかりとサポート。燃費に振りすぎて加速感とエンジン回転がリンクしにくい国産勢とは異なり、走りのフィールにこだわっている点は魅力的である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

瀬在仁志|モータージャーナリスト
1960年東京生まれ。AJAJ会員。日本COTY委員。高校時代からカート、自動車免許取得後、ラリー、レースに参戦。スーパー耐久自動車レースでは2クラス、4クラスで優勝経験を持つ。88年にはA型フォードによるオーストラリア・クィーンズランド一周ラリーで3500kmを完走。03年にはニュルブルクリンク24時間レースに参戦、参加クラスで日本車最高位完走。世界20か国以上の公道とサーキットでの試乗経験を持ち、『ホリデーオート』、『モーターマガジン』誌等で活躍。代表会社であるアップライト社主催による走行会はすでに70回を数えドライビング講師としても活躍する。
《瀬在仁志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集