ダイハツ中間決算…増収増益 国内外で新車好調、受託・OEMも順調

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業が発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比11.3%増の279億円と増益だった。

国内販売、海外販売ともに好調で、売上高は同7.6%増の8808億円と増収だった。
 
国内販売台数は軽自動車の販売が好調で同6.9%増の28万5984台だった。海外販売台数もインドネシアなどが伸びて同9.1%増の19万5876台だった。トヨタからの受託生産・OEMも好調で、同13.1%増の21万5477台と大幅に伸びた。このほか、海外生産用部品や受託エンジンも順調だった。
 
収益では、売上げ増の効果で経常利益は同18.8%増の311億円、当期純利益が同35.6%増の171億円と増益だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集