アウディジャパン、特別仕様車とカーボンオフセット付リースのパッケージ

自動車 ビジネス 国内マーケット
アウディジャパン、特別仕様車とカーボンオフセット付リースのパッケージ
  • アウディジャパン、特別仕様車とカーボンオフセット付リースのパッケージ
アウディジャパンとアウディファイナンシャルサービスは、特別仕様車アウディ『A8L 4.2 FSIクワトロ・ショーファーリミテッド』と、カーボンオフセット、アウディ専用自動車保険、メンテナンスサポートがセットになった専用リースプログラム「アウディオール・イン・ワンプログラム」を、8月28日に全国のアウディ正規ディーラーネットワークで発売した。

アウディオール・イン・ワンプログラムを利用すると、アウディA8Lの特別仕様車に独自の自動車保険「アウディ自動車保険プレミアム」がセットになった「アウディ・オートリース」に加えて、年間1万2000km走行した場合の3年分または5年分に相当するCO2排出量をオフセットする「アウディカーボンオフセット」、メンテナンスサポートプログラム「アウディフリーウェイプラン」を組み合わせた専用リースパッケージが付帯する。

アウディオートリースでは、リース期間終了後の残存予定価格をあらかじめ車両価格から差し引いた金額を支払いの対象とするため、月々のリース負担費用を抑えられる。さらに、登録諸費用や保険料も含まれるため、一定の支払いで車に乗れるのが特徴だ。

アウディジャパンとアウディファイナンシャルサービスは、アウディオール・イン・ワンプログラムによって、高い環境意識を持つエグゼクティブな顧客に、洗練された知的なクルマの乗り方を提案するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集