新日石、ガソリン卸価格引き下げ…1年10カ月ぶり

エコカー 燃費

新日本石油は、9月1日からガソリンなどの石油製品の出荷価格を8月と比べて1リットル当たり5.1円引き下げると発表した。卸価格を引き下げるのは1年10か月ぶり。

為替は円安となったものの、原油価格が大幅に急落したことから、コストは前月と比べて1リットル当たり10.1円安くなった。これまで価格転嫁が進んでいない分を回収するため、卸価格は5.1円引き下げることとした。

石油元売各社は原油先物価格の急落を受けて、9月に卸価格を相次いで引き下げる見通しで、小売価格も値下げが相次ぐ見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集