【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】箕浦社長「従来とは違った角度で原価低減を」
ダイハツ工業は25日、都内のホテルで新型軽乗用車『ムーヴ・コンテ』の発表会を行った。その記者会見の席上、箕浦輝幸社長はこのところの原材料価格の高騰について「従来の原価低減で(高騰分を)吸収することは難しくなっている」と述べた。

そのため、従来とは違った方法で進めようと、開発、生産、調達、販売など全部門が集まった委員会を設置した。「従来とは別の角度で原価低減を見直している」と箕浦社長は強調。

軽自動車は低価格が魅力ということで、ユーザーに支持されているため、値上げは非常に難しい状況にある。1万円の値上げでもユーザーは敏感に反応してしまう。それだけにスズキを抜いて軽トップに立ったダイハツでは、委員会をつくってなんとか値上げをしないように知恵を絞ろうというわけだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集