【ストラーダHW830/800】Fクラスと同じく、見やすい地図画面を採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【ストラーダHW830/800】Fクラスと同じく、見やすい地図画面を採用
  • 【ストラーダHW830/800】Fクラスと同じく、見やすい地図画面を採用
  • 【ストラーダHW830/800】Fクラスと同じく、見やすい地図画面を採用
9月発売予定のパナソニック『ストラーダHW830D/800D』は、ワイドVGAモニターを採用するなど、ナビ機能についてはハイエンドモデルであるFクラス(08モデル)との差異が無くなった。地図やメニュー画面についてはFクラスと変わらない。

07年モデルまでのストラーダは、ルート設定など「ナビとしての基幹部分」についてはハイエンドもミドルクラスも同一だったが、搭載しているモニターはFクラスがワイドVGA(800×480)、ミドルクラスがワイドQVGA(400×240)と差異があり、地図もドット・バイ・ドットであることから、それぞれのモデル向けに違うものが用意されていた。

08年モデルではFクラス、ミドルクラスともに115万画素のワイドVGAモニターを採用。地図も同じものとなった。

アンチエイリアス処理を施したFクラスの地図は見やすいことが特長。ホームリンクなど、ナビ以外の機能で多少の差異はあるものの、上位機種の機能をミドルサイズに持ってきた意義は大きい。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集